訓読みのはなし

本居宣長が『古事記』をどう読んだのかということにひかれて、笹原宏之著『訓読みのはなし』を読み始めました。

古代からの漢字と大和言葉の関わりなどが記されており、読み始めたばかりですが、なかなか面白いです。