読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

談春の芝浜

 今日はフェスティバルホールでの談春師の芝浜を聴いて来ました。

 一席目は五貫裁き志の輔師で何度か聴いたことがあるけど、一席目ということもあってか、ちょっと軽めにやったのかなあという印象を持ちました。志の輔師とは違って、最後は大岡裁きの一席、という終わり方でした。

 芝浜。昨年も聴きました。昨年は12月27日だった。もうあれから1年経つのか、という感じ。すごく丁寧に夫婦の会話が描かれた一席。ただ、僕には夢だと言い聞かせる場面が少し長く感じました。あそこがないとサゲのところの重みがなくなるとは思うし、トリの一席だから長講ということもあるのだとは思うのだけれど。でも、笑いの場面も多く、いい芝浜だったと思う。