読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和佐又から大普賢岳を回る。

 1995年、訳あって何度か奥駈道の笙の窟に通いました。

 先ごろ、大阪市立美術館の展示を見に行き、笙の窟にあったとされる仏像を見たこともあってまた行ってみようかなあという気がおこりまして。

 和佐又山ヒュッテまで車で約2時間。

 和佐又のコルから道を右にとり、指弾ノ窟。

 Cimg1628

 ついで、朝日窟。

 Cimg1629

 そして、笙の窟。「大峯七十五靡」の第六十二行場。広いし、休憩してる人も多かったです。

 きれいな看板も作られてました。

 Cimg1633

 日蔵や西行といった人たちが参籠、参詣したと伝えられているそうです。

 そこから2時間弱で大普賢岳へ。

 Cimg1640

 大普賢岳山頂から弥山、八経ヶ岳方面を望む。

 Cimg1645

 稚児泊から七つ池に向かう途中の景色。なんか前穂の岩稜をみてるような気がしました。

  

 Cimg1652水簾の滝

 七曜岳からの下りはけっこうキツかったですね。ハシゴや沢渡り、鎖場もあって、なかなかのコース。

 滝があったりして、気分を新たにはできますが。

 和佐又山ヒュッテ(50分)笙の窟(20分)石ノ鼻(40分)大普賢岳(70分)七曜岳(60分)無双洞(100分)和佐又山ヒュッテという行程でした。

 天気がよく、気持ちいい山行でした。