読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立川談春独演会−兵庫県立芸術文化ホール

 昨日は兵庫県立芸術文化ホールで行われた立川談春独演会に行ってきました。

 開口一番は弟子の春松さんの「一目上がり」。すこし緊張されていた様な感じを受けました。

 その後、出囃子の鞍馬にのって談春師が登壇。

 最前列の席が取れたのはチケットを見てわかっていたのですが、まさかほぼ中央に座れるとは会場につくまでわからなかったので、ちょっとびっくりするとともに緊張しました。

 しかし、口座も高かったですね。でも、あれくらいでないと2階席からはみえないのかな。

 まくらで前座さんのネタや出来映えについてふれておられました。

 すこし気になるところがあったのでしょうか。

 一席目は「金の大黒」。

 この噺は今年の3月31日(土)に大阪の森ノ宮ピロティホールでの独演会でも聴きました。熊さんのくだりはいつ聴いても笑えます。長屋の人が大家さんのところへ行くシーンが前とは少し異なっていたかもしれませんが、記憶違いかもしれないですね。

 中入り後は「ねずみ穴」。

 師匠談志師の十八番のネタ。

 このネタは昨年12月10日(土)のおなじくピロティホールでの独演会で聴いたことがありました。

 初めて聴いた時はどこまで落ちていくのか、とかなり不安になりましたが、ああいうサゲとは思いもよらなかったもので。最後に「師匠にここまで似てくるとは」というようなことを仰ってましたが、そういうものなんでしょうね。

 楽しいひとときを過ごしました。

 20120929_171953