河合隼雄と小林秀雄

 『村上春樹河合隼雄に会いにいく』を読みました。

 超自然的なもの、合理的解釈だけでは理解できないものに対する河合隼雄さんの捉え方が小林秀雄というか、小林秀雄が書いた本居宣長に通じるものを感じました。

 なかなか面白い本でした。